飲み物やコーヒーを諦めるだけ

痩せたけど、食べたい!無理な減食の扇動でリバウンドしてしまった!など減食を通じて失敗してしまった人も多いのではないでしょうか?本当は私もその自分だ。減食って実際辛抱がいりますよね。

ここで今回は取るのが大好きな顧客もダメせず着実に痩せこけるテクを紹介していきたいと思います。

飲み物やコーヒーを諦めるだけで糖質特別?

皆さんは常々どのぐらいオレンジ飲み物やコカコーラ、コーヒーなどの飲み物を摂取していますか?減量をする際にお酒をやめるという顧客は多いと思いますが、ボクは糖類を含む飲み物を一般閉め飲物は水だけを飲み込むという減量を実践しました。結論から言うと食べ物の形態はとても変えずに飲み物をやめただけで1ヶ月で2隔たり洗い流すことに成功しました。一際ボクは砂糖たっぷりのコーヒーが大好きだったので、それをやめたことが大きな影響につながったようです。

ここでオレンジ飲み物やコカコーラなどにどれほどの砂糖が含まれているのかをちょこっと紹介していきたいと思います。

・コーラやサイダーなどの炭酸飲料水 角砂糖10?16個分
・缶コーヒー 角砂糖1?3個分
・果実飲み物 角砂糖12?15個分

これを頭に入れておくだけも注目が変わるのではないでしょうか。それほど夏や動き後述など炭酸水や飲み物を急速呑みなんてポイントありますよね。ただし、これらの炭酸水や飲み物には想像以上に多量の砂糖が使用されているので逆に言えばこれらを水に変えるだけでかなりの糖質特別になるわけです。

仮にこういう数値を見ても今ひとつという顧客は本当に自分で飲み物を作って下さい。ボクはなんとなくシュースが飲みたくなった時にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで水って砂糖を組み合わせるだけの粉末を買ってきて、自分でオレンジ飲み物やりんご飲み物を作ります。そうすると販売で並べる飲み物と同じぐらいの甘さにするには信じられないほどの分量の砂糖を使わなければならないことに気付きます。正真正銘何とかオレンジ飲み物を作った時は砂糖の分量の多さに驚きました。

また、水は体の血の流れを良くしたり便秘勝利にもなるので減量以外にも期待できます。減食は無理だけど多少なりとも痩せたいと思っている顧客には是非試してください。スルピリド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です