逆をやれば痩せこけるのでは

私の行っているダイエットは前もって第1に、毎日の総カロリーを押える事です。
理論的には毎日の返済カロリー以上にカロリーを摂取しない技法だ。

第2に、現代は1日に3都度のランチタイムが当たりまえとされていますが、者は空腹時が長くなると脂肪を健康に貯めよう、貯めようとするというシステムがはたらく小物なので、なるべく空腹フィーリングを感じる時を作らないように常に胃腸八分目の始末をキープするように努める事です。
これは相撲受け取りが肥える(脂肪をつける)思考とも合致していらっしゃる。

お相撲君は太りたい(ウエイトを増やしたい)のに毎日2食しかランチタイムを取りません。
太りたいならなぜ、躾といった寝ている以外は食べないのか?というのが私の疑問の始め種目でした。

調べてみると上記したようなシステムが人間の健康には備わってあり(人25万階級の実績の中で飢えから開放されて、まだ若干永年しか経っていません。大昔の女性がふくよかなほうが眩しいとされていたのは、金額の表号かもしれません。ふくよか=裕福、財力があるので食生活が手に入る=貴族の高貴な夫人)
お相撲君は朝食の前に荒々しい躾をし、空腹フィーリングを極限まで高めてドカ食いをします。
ドカ食いは肥える近道なのです。

ならば、その逆をやれば痩せこけるのではと願い、一年中に何回食べても良い(もちろんカロリーの悪いものを摂るように努める)、空腹フィーリングを感じないように心がけるのがやせる早道なのではと考えるようになり、実践しております。

第3に、者は交感神経優位始末という副交感神経優位始末が交互におとずれ、日の出ている間は交感神経が優位で、カロリーを返済決める、返済決めるという状態になっているので、早朝と昼間は割り方カロリーの高い油っこいものを取るようにしています。
(お菓子を食するも夜は我慢して、早朝または昼間に食べるようにしています。おんなじカロリーを食べるのでも健康が返済決める、返済しようとしておる始末という、健康がとうに手遅れ解離に入り、カロリーを貯めよう、貯めようってカロリー返済行動が低下している時に食べるのでは、健康に脂肪を蓄積する容量がまったく違う)

カロリーを意識する事柄、空腹フィーリングを感じないようにする事柄、交感、副交感神経を意識する事柄。
こういう3つが私のダイエット法だ。ペニス増大サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です